読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

研究開発者のブログ

最近、うちの会社辞める人が多いんだけど大丈夫なのか???

自転車の電動化って、技術者にとって面白いと思うのです!

f:id:electricalengineer:20160504110745j:plain

最近若者はクルマに興味が無いと言われている。

まあクルマは無くてもスマホがあればデート出来るわけだから、高いお金を出してクルマを購入するより、月数万かけてでもスマホは必需品である。

バイクも多少流行っているように見えるが、買っているのは中高年ばかり。。。

そんな中、人気があるのが自転車ですね。

昔のママチャリは1万円以下で買えたが、今は10万円する電動自転車や軽量でスピードの出せるロードバイクが大人気である。

電動自転車は、小さな子どもを2人乗せられるモデルも有り、そんな電動自転車で、クルマのワキをすり抜けて行く姿を見る度に、電動自転車があれば、クルマは必要な時だけレンタルすれば良いかな・・・という気になる。

では、よりスマートな自転車ってどんな形なんだろうと考えると、

自転車は技術者として魅力ある市場だな。と思わざるを得ない。

  • より航続距離が長いアシスト自転車
  • より低価格なアシスト自転車
  • より速い巡航速度が出せるロードバイク

僕のロードバイクの巡航速度は速くても30km/h以下。。。

速い人は40km/h以上で巡航する人もいる。

そういう人も見ると気持ちいいんだろうな~~~と思うから、

僕にとって巡航速度40km/hの世界は夢の中の夢。

そんな願いを叶えてくれるのであれば、ちょっとくらいお金を出しても良いと思うことがある。

たしかに、YAMAHA製のロードバイクは、電動アシストしてくれる自転車だけれど、日本の道交法の関係で、24km/h以上になるとアシストが無くなるように出来ている。

ちなみに、フレームはGIANT製です。

YPJ-R スペシャルサイト | ヤマハ発動機株式会社

完全に自走してくれる自転車は、中国とかアメリカでは法律的に許されています。

YAMAHAの電動アシスト自転車は日本の道交法に適用するために、ペダルのトルクセンサーとか、車輪速センサーとか必要になって複雑なシステムですね。

そのために値段が高くなっているようにも感じる。

駆動(アシスト)するモーターをハブに組み込めば、駆動と車輪速検知の両方できる。

そう考えると、もっと面白いシステムを考えることが出来るかもしれませんね。

 

アメリカのベンチャー企業では、新しいカタチの電動自転車を提案しています。

www.kickstarter.com

これは、技術的に面白いです。

普通の自転車がフロントホイールをこれに交換するだけで電動自転車になります。

ハブがなく、とってもシンプルにホイールをモーターで回しているだけです。

なので、車輪速センサーが要りません。モーターで回転数が分かります。

モーターがホイールを回しているので、下りの坂道などでは、駆動力とは逆に電気を発電して、充電することも出来そうです。

バッテリーがモーターの近くにあるから配線がほぼ無くて済みます。

バッテリーも着脱式で簡単に交換が可能。

f:id:electricalengineer:20160504112308j:plain

このホイールに交換するだけで、車速はペダル無しに30km/h以上が可能。

航続距離は80km/h走行出来るそうです。十分な距離ですね。

重量増は2~5kgですから、許容範囲内です。

このバッテリーを使って、スマホを充電することも出来ます。

f:id:electricalengineer:20160504112413j:plain

こういった新しい技術は、この技術によって、コストダウンが見込めると一気に普及する事があります。

このホイールはまだ研究開発段階ですが、すでに普及しそうな予感がします。

ただ弱点があるとすれば、先程述べた道交法による規制と、モーターとホイールの間が摩擦で動いているので、効率が悪いと思われる点ですが、たぶん気にするほどではないのでしょうね。。。