読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

研究開発者のブログ

最近、うちの会社辞める人が多いんだけど大丈夫なのか???

日産ノートe-powerをレンタルして性能評価してみた

Uターン転職

日産のノートe-powerが11月2日の販売開始以来かなり売れています。

日産としては33年ぶりに2016年11月の1ヶ月間での売上販売台数1位を獲得しました。日産レンタカーが各店舗に一台づつ導入して販売台数に貢献したようですが、日産レンタカーの店舗数は360店しかありませんので、合計360台が加算されても、トータル15784台売れている事から、実力で月間販売台数1位を獲得したんだと判断しています。日産すごい!

f:id:electricalengineer:20161231172523p:plain

ずっとトヨタのプリウスが販売台数1位だったのに、販売開始した11月だけかもしれませんが、抜いてしまったことは日産にとって、すごい意味のある事だと思います。

その意味とは、お客さんの関心の高さや日産が1番最初に作ったというところに、日産の勢いを感じます。

そこで、日産ノートe-powerはどんなクルマなのか?と興味が湧いたので、

日産レンタカーでノートe-powerを1日借りて伊豆までドライブしてきました。。

ディーラーでの試乗ではなく、1日走っての評価を報告します。

今回のノートe-powerの実燃費は24.26km/lでした。

続きを読む

サラリーマンが不動産投資で節税する方法

不動産投資

サラリーマンは基本的に源泉徴収により会社が所得税、住民税などの納税額を計算して給料天引きされるので、自分がいくらくらい税金を支払っているのか正確には知らない人も多いことでしょうね。

また、よく営業の電話で『不動産投資で税金の還付を受けませんか?』なんて勧誘されたりすることありませんか?

その時点で怪しいので、そんな電話を受けても当然そのような業者の口車には乗らなかったのですが、でも、そのような仕組みなのかは知りたいと思っていても業者は電話では教えてくれないし、たぶんその当時は、聞いても僕が理解できなかったと思う。

今年になってようやく、どのような仕組みで税金が還付されるのかがわかったので、その内容をまとめてみました。

  

続きを読む

マイナス金利政策が不動産投資に影響するメリット

不動産投資

三菱東京UFJ銀行からゆうメールが来ていたので、中を開けてみたら低水準の金利に関する良い情報が載っていたので、そのような情報を紹介しつつ、それが不動産投資に影響するメリット・デメリットを考察してみたいと思います。

マイナス金利政策をデータで見る

平成28年1月から日本銀行はマイナス金利政策を採用しました。
これは、民間銀行の日銀当座預金にある超過準備金に対して、当時は-0.1%のマイナス金利を課すもので、2月16日から実施されました。

目的はふたつあります。

一つ目は、2%のインフレ目標をできるだけ早い時期に達成するためでした。

要するにインフレが2%くらいになれば、目標が達成されたと考えて、マイナス金利は止めてしまうことにもなりそうです。

二つ目は、日本円の円高を抑制するためです。

スイスやデンマークは、通貨高を抑えるために、利下げやマイナス金利を導入しています。ただし、自国通貨売り介入を実施するなど、マイナス金利のみで通貨安に誘導しているわけではないです。

ということは、いつまでもマイナス金利が続く保証は全く無いという事です。

アメリカでは、トランプ氏が大統領になることが決定した以上、円安が進むことは明らかだからです。

では、実際、マイナス金利による消費者最大のメリットは住宅ローン金利のようにお金を借りるときだと思います。我々が銀行からお金を借りる場合には、どの程度の利回りになるのか、推移をグラフ化したのが下図です。

f:id:electricalengineer:20161116143035p:plain

(上図は2016年11月16日時点でのデータです) 

続きを読む

テスラのオートパイロット死亡事故を検証する

Uターン転職

テスラ車の死亡事故が自動運転中に発生しました。

アメリカのNHTSAによるとフロリダ州の高速道路で、オートパイロットを動作せたモデルSの前方に、横切るようにトレーラーが進入。テスラの解析では、強い日差しのためドライバーもオートパイロットもトレーラーを認識できず、ブレーキが動作しないままトレーラーに潜り込み、ドライバーが死亡した。

http://mainichi.jp/articles/20160702/ddm/008/030/036000c

このような事故は遅かれ早かれ起こることですから仕方が無いことでしょう。

このような事がニュースになるのは良いことでしょうし、他の自動車メーカーにとっても、詳細を調査して結果を公表して欲しいと思っていることでしょう。

アメリカの自動車メーカーが矢面に立って、公からの批判にさらされるのは、日本の自動車メーカーからするとラッキーかもしれません。

ただ、亡くなられた方にはご冥福をお祈りします。

事故はなぜ起こった?

続きを読む

ソニーのロボット事業やディープラーニング分野が成功するには

Uターン転職

ソニーは、出井社長の時代を境に元気がなくなっていくのですが、ソニーで長年研究開発の部門を引っ張ってきた土井利忠さんのように、出井さんを批判する記事は多い。

electricalengineer.hatenablog.com

この記事の中では、AIBOやQRIOといったロボット事業を2004年に土井さん主導で立ち上げたのだが、ロボットは出井さんの指示した事業ではなかったため、出井さんは『ロボット事業の撤退を命令した』という経緯があります。

今となっては、はっきりと出井さんより土井さんの方が正しかったと言えると断言します。

続きを読む

叱らない文化と叱る文化から組織の在り方を考える

Uターン転職

 叱る文化の職場が伸びないのだとすると、パワハラが横行する会社は、早めに転職した方が良いのでしょうね。そのうちそんな会社はなくなります。

 

toyokeizai.net

 まとめ

  • 『叱る』のではなく『感謝する』
  • 同じ失敗を繰り返さないためにどうするかが重要
  • 失敗した社員にしかわからない状況や心の内を話してもらう事が重要
  • 全損事故の8割はヒューマンエラーなので、それを減らすのが効果的
  • ヒューマンエラーはゼロに出来ないという前提で飛行機を運用する
  • 失敗した社員からのヒアリングに処罰的な意味はない
  • 感謝の姿勢で接することで一緒に安全を守るという信頼関係を構築できる
  • ANAは『安全が経営の基板であり社会への責務』としている
  • 安全の優先の結果、問題の無い引き返しがあったとしても容認している
続きを読む

経営者としてあるべき姿とは(ソニーから学ぶ)

Uターン転職

business.nikkeibp.co.jp

「ソニーショック前夜、うつ社員が急増した」のまとめ

  • 出井さんは自己顕示欲から過去を否定して全てを変えた
  • 出井さんは創業者世代を超えようとして失敗した
  • 出井さんは自分が主導したことでないと気に入らない。過剰なトップダウン
  • 土井さん提唱のフロー経営は現場の内発的なモチベーションを重視する
  • ソニー創業者は、現場を信頼して任せる経営だった
  • 経営者は、葛藤が強いと自分が主導しないとうまくいかないと思ってしまう
  • 出井さんは周りをイエスマンで固めた
  • 上司のいうことしか聞かないエンジニアは三流
  • 出井さんは、社内エンジニアの意見を全く聞かずに外部コンサルを重宝した
  • 合理主義経営で、上司からの圧力から、うつ病写員が増えた
  • 出井さんは劣等感から部下に圧力をかけた

出井さんは、ソニー初の新卒サラリーマン社長だったわけですが、
会社が常に成長し続けることの難しさを感じます。

ソニーほどの成功体験をたくさん創出してきた会社がどうあるべきなのか?

考えてみたい。

続きを読む

転職するなら5年後、10年後にも発展し続けている会社にしたい!

Uターン転職

 転職するのであれば、5年後、10年後にも発展し続けている会社が良い!

やっぱり誰でもそう思いますよね。

 さらに言えば、自分のやりたいことが出来て、今は小さい会社かもしれないけれど、将来的にはシェアが拡大していくような会社が良いでしょね。

 以下の記事から将来性のある企業とはどのような会社なのかを探ってみたいと思います。

gendai.ismedia.jp

 この記事のまとめ

  • インダストリ4.0で少品種・大量生産時代が終わる
  • カタログではなくネットでオプション選びオリジナル仕様となる
  • 消費者ごとのオーダーメイド製品に工場対応する必要があり
  • 業界の主導権を握るのはITシステムの頭脳を開発した会社
  • 家電業界は中国、韓国などの新興企業が日本企業を席巻
  • 電子部品メーカーは日本企業が存在感を強めている
  • ファナック、安川電機の製品は中国勢が真似できないほど技術力高い
  • 総合商社は身軽だけどビジネスの軸が無い
  • 判断やアドバイスは人工知能が実施する
  • 金融業界は、企業数が3分の1に激減する可能性もある
  • 死ぬ確率が分かれば、保険商品が必要なくなる
  • 東レは繊維という斜陽産業から業態転換に成功した
続きを読む

サラリーマン老後のお金の心配を解消する不動産投資

不動産投資

老後のお金について、心配しない人もいると思いますが、

私は、非常に老後のお金に関して心配する質です。

サラリーマンをしていますので、収入は安定していると思いますし、このまま今の会社で定年を迎えたら退職金も貰える環境にはいます。

でも会社って将来どうなるのか分かりませんよね。

勤めている会社がリストラするかもしれませんし、シャープや三洋電機のように倒産しないまでも、他の企業に吸収合併されるかもしれません。

今まで思われていたようには安泰ではなく、先行き不透明なのだと思います。

だから、不安を解消するために、先々老後への備えとして、こういった方法もありですよね。

という考え方をお伝えしたいと思います。

以下のオールアバウトの記事にも書いてあるのですが、まずは人生80歳までの『キャッシュフローを作ってみましょう』との事です。

allabout.co.jp

この記事のまとめ

  • 賃貸か持ち家かを決めるのにキャッシュフローを作ろう
  • 貯めるにはとにかく、収入>支出
  • 節約は家族の価値観を反映させる
  • 貯蓄額は老後2人の貯蓄中央値1000万円を目指そう
  • 老後も元気なら働こう
続きを読む

収益物件をフルローンで購入するには

不動産投資

 不動産投資を検討している人であれば、フルローン、オーバーローンという言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。

フルローンは、不動産投資を成功させるためには無くてはならない資金調達だと思います。

そんなところから、不動産投資におけるフルローンの考え方を学んで欲しいと思います。

続きを読む

ドライバー運転集中度センシング技術を用いたセンサーは人工知能の初歩段階だ!

Uターン転職

 最近、人工知能を用いた技術開発が盛んになっています。

すでに実用化されている技術もあれば、自動運転のようにこれから発展する技術もあります。

これからのもの作りは、ディープラーニングに代表される人工知能が主流になるのは間違いないように思います。

理由は、いろいろな意味で条件が揃ってきたからなのです。たとえば、ディープラーニングが画像認識という狭い世界ながら人間の能力を超えた。

また、CPUの演算能力は、学習後、学習前で判断する必要があると思うが、ものによっては、実用に耐えうると思われる。

そんな中、オムロンがドライバーの状態を監視する人工知能を搭載した画像センサーを開発したとの発表があった。

www.sankei.com

続きを読む

サラリーマン不動産投資の経費対策

不動産投資

サラリーマンが不動産投資をする前に一番心配なのが、何が経費として認められるか?

ではないでしょうか?

最初のうちは、経費も遠慮がちなのですが、数年経つと要領も分かってきて、大胆に経費を落としてしまうこともあると思います。

それでも認められてしまうと、だんだんエスカレートしてしまうことだけは避けた方が良いでしょう。

東京都の舛添知事も政治資金の使徒をめぐって『公私混同』疑惑を持たれていますね。

舛添さんの場合は、明らかにやり過ぎですが、我々も反面教師として学ぶ所はあると思います。

経費に関して専門家の方の書いた記事がありましたので、参考になると思います。

続きを読む

エンジニアをやる気にさせるのは、お金、ワクワク、名声じゃない!

Uターン転職

以下の記事を読んだら、結局エンジニアの仕事も同じだなと思った。。。

toyokeizai.net

この記事のまとめ

  • 会食で声をかけられない人は無視されたと思ってしまう
  • 担当者意外のアシスタントに気を使うと、橋渡し役をして貰える
  • 飲み会だけでなく、職場でもちょっとした会話の継続が大切
  • 新人には特に声をかけると効果的に距離が縮まる
  • 食事会に参加した全員が楽しかった!と思える会にしましょう!

 結局、この記事で言いたいことは、

  • チームの中でお互いに血の通った会話が無いと機能しなくなる
  • 普段から、ちょっとづつでも会話が大切

 ということだと思う。

 こういったチームの感覚または雰囲気作りは大切だと思う。

なぜならば。。。

続きを読む

不動産投資における収益物件の見つけ方

不動産投資

f:id:electricalengineer:20160527005600p:plain

ある程度不動産投資について勉強したら、次は実際に収益物件をネットで調べて、投資するかどうかの判断をしていきましょう。

収益物件はたくさんあるので、その中から効率よく探していけるスキルをまずは身につけましょう。

続きを読む

睡眠に気をつけて仕事のパフォーマンスを向上させる方法

Uターン転職

研究開発を仕事にする技術者としては、今まで多い残業時間の中で、実験したり勉強する時間が含まれていて、紆余曲折しながら物理や理論的な本質を学んでいたように思う。

それが今では会社からはワークライフバランスを徹底するように言われ、残業時間が削られている。

早く帰ることが出来れば子供と遊べる時間が増えて良い。

しかし、そんな中で、今までの知識だけで仕事をしていたら、今後の世の中からは置いてきぼりにされてしまう。

研究開発の世界はやっぱり、常に新しいことにチャレンジしてこそ価値があるのだと思う。

効率よく、そして多くの事を学ぶにはどうすれば良いのか?

以下の記事を参考にして、学びと仕事を効率よく進める方法を考えてみたいと思います。

続きを読む